破天荒フェニックスがドラマ化|動画のあらすじと感想・原作のモデルは実話?無料で視れる?

破天荒フェニックス。メガネストア「オンデーズ」を再生させた若手社長の物語です。倒されても、倒されても、破天荒なアイディアで何度でも復活し立ち上がる不死鳥のような社長のお話。この社長、全然カッコよくないんです。失敗ばかりで、恥をかき、涙を流す。でも最後には破天荒なアイディアで窮地を脱し、関わっている人たちを笑顔にしていく。そんな物語です。

 

 

 

ドラマのモデルとなった企業は実在する?

ドラマのモデルとなった企業は、実在する企業です。株式会社オンデーズ。品川に本社を持つ、田中修治さんという方が経営されている会社です。

株式会社オンデーズはこちら↓クリック↓

社長の田中修治さん、取締役の奥野良孝さん。どちらも実在の人物で、今現在もそれぞれオンデーズで活躍していて、原作にも登場する方です。

破天荒フェニックスのあらすじ

小さなデザイン会社を経営してた社長の田村雄司(勝地涼)は、ある日、倒産寸前と誰もが口を揃えて言うメガネチェーン「サンデーズ」を買収する。

金髪で、見た目がチャラい新社長を見た社員の反応は、それはもう冷淡なもので、役員を始めとする社員とのファーストコンタクトは大失敗。

それでも経理のプロ・奥田吉弘(伊藤淳史)と一緒に全国のチェーン店を、車中泊を繰り返しながら全国行脚し、少しずつ、少しずつ信頼を勝ち取っていく。

その後も雑貨店の買収を計画し、様々な反対や妨害に遭いながらも買収を成功させる。時には「サンデーズはまもなく倒産する」などのデマが流れ、社員が一致団結してこれを打ち破っていく。

やがて会社の事業規模が大きくなり、ライバル会社に追いつけ、追い越せの競争が始まる。その最中も度々訪れる「資金ショート」そして「倒産」の恐怖。そして信じた者の裏切り。ライバルに取引先や新規出店の場所を奪われそうになっても、知恵と勇気で奪い返す。

そんな不死鳥のように何度でも這い上がる社長の物語です。

ドラマを見た人の感想

原作を忠実に再現すると、数時間では収まらないでしょうから、端折るのは仕方がないこと・・・とはいえ、あのシーンも、このシーンも、ドラマで視てみたいですね。

やはりと言いますか、著者の田中社長も、原作本の表紙モデルとなった方も、ドラマに出演されていたようです。これ、ご本人にとっては一生の思い出になるでしょうね。

そうなんです。思わず原作を読みたくなるんです。その気持ち、よくわかります。

無料の動画はある?再放送はいつ?

テレビ放送を見逃したという方は、Youtubeで視聴することができるようです。

Youtubeに慣れている方は、こちらの方が良いかもしれません(有料)。

では無料の動画はあるのでしょうか?有料の動画サービスはいくつかありますが、もし「〇〇限定で無料」とか「〇〇日間無料」というキャンペーンをしtえいたらどうでしょうか?そのサービスを上手に活用して『破天荒フェニックス』のドラマを視てみたいと思いませんか?

 

 

再放送の予定ですが、テレ朝のサイト内には告知はありませんでした。もしかすると、地方のローカル局で再放送されるかもしれません。

破天荒フェニックスの原作は実話なの?

破天荒フェニックスは、実際にあるメガネチェーン店「オンデーズ」を舞台にした「実話」です。「逃げれば負けはしないけれど、勝つこともできませんよ」「倒れる時は前向きに」などの名ゼリフは全て、実際にあったエピソードです。

原作本は500ページにも及ぶ大作。当然ですが、ドラマでは語りつくせなかったエピソードが満載。ドラマは役者さんの迫真の演技で魅せてくれますが、原作本では行間から息遣いや流れる汗、胃がキリキリと痛むような感覚すら感じることができます。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

破天荒フェニックス オンデーズ再生物語 (NewsPicks Book) [ 田中修治 ]
価格:1760円(税込、送料無料) (2020/1/25時点)

楽天で購入

 

良かったらシェアしてくださいね!

おすすめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。