だんぼっちは暑い?夏は灼熱地獄よ!当たり前でしょ!

だんぼっち。段ボールで作られた簡易防音室です。10万円の給付もあり、ダンナ様が購入を真剣に考えているみたいです。冗談じゃありません!ダンナ様の野望を阻止(?)するために、私は立ち上がりました。

だんぼっちとは

たぶん「段ボール」+「ひとりぼっち」でこのネーミングなのでしょう。「ダンボー」という四角いキャラクターと名前がかぶっていますが、このネーミングで大丈夫なのでしょうか?他人事ながら心配になってきます。


↑こちら↑がダンボーです

だんぼっちは段ボールの壁、段ボールの床、段ボールの天井と、それらをつなぎとめる柱がセットになったもので、届いたら自分で組み立てるようです。

段ボール自体にそれなりの強度があるようです。普通の段ボールは波板状の紙を厚紙で挟んだ構造をしていて、ある方向に曲げると波板の形にそって簡単に折ることができますが、このだんぼっちに使われる段ボールは波板ではなく「六角形」がびっしりと敷き詰められているのだそうです。

ダンナ様曰くこの形は「ハニカム構造」とのことで、わかりやすく言えばミツバチの巣がハニカム構造です。なるほど、この構造ならどの方向に折っても、簡単には折れないでしょう。

ん?感心している場合じゃありません。ダンナ様の野望を阻止しなければ(笑)

だんぼっちで防音

元々の目的は「防音」なのだそうです。確かに防音室を作るのはかなりお金がかかりそうですから、組み立てるだけで簡単に防音室が実現できるというのはいいかもしれません。

ダンナ様はパソコンのキーを結構強めに打つので、ドラマを視ている時にパソコンを始められると、結構うるさいんですよね。

マウスのカチカチという音も、意外と耳障りですが、ここでやってもらう分には聞こえないでしょう。私としてもドラマに集中できるので、家に一台(一棟?)あってもいいかもしれません。

アッ!いつの間にか購入によるメリットを挙げ始めていました。ダンナ様の野望を阻止しなければ(笑)

だんぼっちで遮光、お仕事に集中

ドアを閉めてしまえば、中は真っ暗です。つまり窓も雨戸も閉めて、電気を消した状態です。外からの音は(ゼロではないでしょうけど)聞こえないでしょう。

視界に入る情報が多いと、頭の中が混乱する、それがダンナ様の悩みみたいなので、一つのことに集中したい時はだんぼっちに入ってもらうのはいいかもしれません。

それでお仕事が進むのなら、それもアリですね。

ハッ!いつのまにか購入の方向に傾き始めていました。ダンナ様の野望を阻止しなければ(笑)

だんぼっちは暑い?

ちょっと待ってください。だんぼっちって空調はどうなってます?エアコンはついていないし、空気を入れ替える窓もないですよね?これからの季節、だんぼっちは灼熱地獄じゃないの?

その疑問をダンナ様にぶつけてみたら、流石に腕を組んで考え始めてしまいました。夏は、だんぼっちは暑い。当たり前のことです。勢いで購入して、届いてから気づくのではなく、購入前に気づいてよかった!

購入した方のレビューを見ると、やはり「だんぼっちは暑い」とのこと。パソコンは意外と熱を出します。そもそも人には体温があります。閉め切った狭い所に人がいて、パソコンが置いてあったらどうなるか、購入するまでもなく分かりますよね?

ふふっ、ダンナ様の野望はここに潰えた!という感じでしょうか(笑)

だんぼっちの空調、エアコン

「へぇーっ、『ここひえ』かー。2台セットでも2万円しないんだ」
「ここひえ+こたつホースで冷気をだんぼっちに送ったらどうかな?」
「もう一台は子供部屋に置こうかな」
「足元に丸い穴を開けて、足元から冷気を入れて、天井から出せばいいんだよね」
「10万円の給付金でちょうど買えるくらいかな?」

ちょっと!まだあきらめてないの!そんな大きなもの、どこに置くって言うのよ!

誰か、ダンナ様の野望を阻止する知恵を下さい(笑)

だんぼっち・暑い 街の声

良かったらシェアしてくださいね!

おすすめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。