チャート分析ツール|ルール:乱高下はお祭りなので距離を置く

しばらくお休みをいただいておりましたブログですが、またぼちぼち再開したいと思います。

FXはスキャルピングから

お休みしていた間、FXのお勉強をしていました。私にFXを教えてくれたのはTさんという方です。TさんのFX取引の手法はスキャルピングと呼ばれ、短時間で売り/買いと決済を行う手法です。

FXではルールを確立して守る事が大切

Tさんはエントリーに関して「ルールを決めて、ルールを守ること」と言います。例えば「下げの局面では買いを入れる」のように、誰にとっても普遍的なルールはありますが、それだけではなく、自分なりのルールを確立して、それを守って行くのだそうです。

FXで成功/失敗の定義

ルールに従ってエントリーし、ルールに従って利確/損切りができた時がFXで言う所の成功であり、プラスだから成功/マイナスだから失敗なのではないとのこと。逆に自ら決めたルールを破ってしまうこと、これをFXでは失敗というのだとか。

ルール:乱高下はお祭りなので距離を置く

週の頭の月曜日。朝イチのチャートはこのようになっています。

右から6本目の赤いローソク足。急上昇しているのが分かると思います。上に長いヒゲを伸ばした後は2本続けて急落し、その後急上昇。まるでジェットコースターです。

急上昇するきっかけは何かあったのでしょう。その後投資家の皆さんが「買いだ」「買います」「俺も買いだ」という感じで、ワッと飛びついたのでしょうね。

その結果急上昇したけれども、どこかで下がり始める。その下げを狙って「売り」が入ったから急落した。下がった所でまた上昇すると踏んで「買い」を入れた。チャートからそんなお祭り状態が見えてきます。

こんな時は、一旦チャートから離れて、家事でもしていた方が良いようです。以前の私だったらお祭りに参加して散々な目に遭っていたでしょう。

乱高下はお祭りなので、一旦距離をおく。これを私のルールとしたいと思います。

良かったらシェアしてくださいね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。