自然薯の探し方・掘り方

自然薯(じねんじょ)。「相葉マナブ・マナブ自然薯掘り」で嵐の相葉君、世界の渡部さん、ハライチの澤部さんが自然薯掘りに挑戦していました。私は山の恵みに興味があり、自然薯の見つけ方、掘り方について調べてみました。

自然薯とは

自然薯とは、日本の山林に自生する、野生・天然の山芋の事です。栽培されている山芋とは栄養価や粘り気が異なり、古来より滋養強壮の薬として珍重されてきました。

1年で10センチ程度しか成長せず、発見が難しい上、地中深くに伸びるため掘り出すのが大変なのです。簡単には手に入らないというのが「希少性」につながっているのでしょう。

自然薯の見つけ方

自然薯は地中に芋を伸ばし、地上にツルを伸ばします。ツルには自然薯の種となる「むかご」が成長し、むかごが地上に落ちると、発芽して同じように芋とツルを伸ばします。

樹木に絡みついた自然薯のツルを見つけ、そのツルを辿ることができれば、その地下に自然薯を見つけることができます。

自然薯の掘り方

自然薯は地下深くに芋を伸ばします。途中で折れてしまうと市場価値が下がってしまうため、折らないようにかなり深くまで土を掘らなければなりません。自然薯は地中で曲がりくねりながら成長するため、引っ張って抜くわけにも行かず、慎重に掘り進めなければなりません。

自然薯は、掘りやすさで考えると、見つけ方にもコツがあるようです。つまり「柔らかい土で覆われた斜面」を条件に探せば良いのです。柔らかい土でしたら掘り進めるのも楽だし、斜面であれば掘り出す土の量も少なくて済むからです。

自然薯を掘る道具

  • スコップ・・・大きく掘るのに使います。平スコよりも兼スコ
  • 幅広長鑿・・・自然薯周囲の固い土を崩すのに、ノミのように使います。
  • エンピ・・・薄い刃が弧を描いていて、土を掘ったり円形にくり抜くことができます。
  • テウチ・・・自然薯が姿を現した段階で、周囲の土を切り崩すのに使います。

自然薯・街の声

良かったらシェアしてくださいね!

おすすめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。