モルタル造形は初心者にもできる?小物、小屋、キット、ガーデニング、多肉植物

モルタル造形。自宅の外壁をレンガ調にしたい。カーポートの床を石畳のようにしてみたい。ガーデニングが趣味で、お庭に中世の建物のような小さな小屋を作りたい。そんな時に活用するのが「モルタル造形」なのだそうです。

モルタルとは

モルタルとは、セメントに砂と水を加えたものです。通常はレンガやブロックの間を繋ぐ接着剤のように使ったり、タイルの間の目地として使うなどの用途がありますが、固まるまでの間に薄く塗り伸ばしたり、模様をつけることができます。

ちなみにコンクリートは、セメントに砂と水、砂利を加えたもので、平滑な床、建物の基礎となる土台、ダムのような構造物を作るのに利用されています。

モルタル造形とは

モルタルで様々な形や模様を作ることができます。例えばガーデニングできれいに花が咲いたお庭に、小人が住んでいそうなちょっとした小屋を作ることができれば、ガーデニングの世界観がグッと引き立ちます。

多肉植物が趣味の方は、煙突から多肉植物が生えているような小屋、フタを開けたら中から多肉植物のような宝箱、多肉植物を挟んだ食パンなども作ることができます。

外壁をまるで石を積み重ねたかのように見せたり、レンガ造りのように見せることもできます。そんな建物にツタ植物が生い茂れば、近所でも有名なインスタ映えポイントになるでしょう。

モルタル造形はオーナーのそんな夢をかなえてくれる技なのですね。

ただしモルタル自体に色がついているのではなく、後から着色することで、雰囲気を出していきます。造形だけではなく、着色にも技がありますので、なかなか奥深いのだそうです。

モルタル造形は初心者でもできるの?

誰でも最初は初心者ですから、まずは先人の知恵をお借りするのがいいですね。

中世の建物風の外壁を作る一連の手順ですが、とてもわかりやすいですね。いきなり大きなものにチャレンジするのではなく、最初は小さなものから作ってみる。これってとても大事ですね。

モルタル造形の初心者キットはある?

モルタル造形の初心者のためのキットはあるのでしょうか?セメント、砂、コテや刷毛、模様をつける道具、塗料が一式セットになっていたら、取り掛かりやすいですね。

最初は小さくから始めた方が良いでしょう。

 

いずれ大きなものを作りたいという方は、もう少し材料多めのキットがあるようです。

 

モルタル造形・街の声

 

この投稿をInstagramで見る

 

モルタル造形 ホーリーファクトリー(@holly_factory)がシェアした投稿

 

この投稿をInstagramで見る

 

ミズムラデザイン モルタル造形(@mizumuradesign)がシェアした投稿

 

この投稿をInstagramで見る

 

akihiro yasuda(@tokyo_mortar_club)がシェアした投稿

仙台・宮城でモルタル造形のご相談はこちら

仙台市内、宮城県内にお住いの方で、モルタル造形で外壁、カーポート、塀を作って欲しいという方は、一度ご相談下さい。モルタル造形のプロにおつなぎします。

良かったらシェアしてくださいね!

おすすめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。