仁屋|仙台のラーメン・中華蕎麦|比内地鶏と伝説の皿

仁屋。仙台の広瀬通りにあるラーメン店です。『伝説の皿台湾』がシビれるほど美味しいというので、友人と二人でチャレンジしてきました。

仁屋 仙台

住所等

  • 名称 すごい!皿台湾 仙台町中華蕎麦仁屋
  • 住所 〒980-0014 宮城県仙台市青葉区本町1-12-12
  • 電話 022-748-6315

地図

外観




ホームページ

ツイッター

みやラボ

仁屋 仙台 メニュー


  • 比内地鶏スープ・中華蕎麦 780円/880円/1,000円
  • 濃厚豚骨スープ・濃厚煮干蕎麦 800円/900円/1,050円
  • 中毒性抜群の美味しさ!・伝説の皿台湾 900円/1,000円
  • 鶏白湯熟成みそsoba 900円/1,000円
  • 比内地鶏鶏白湯スープ・鶏白担々麺 900円/1,000円
  • 汁なし担々麺 850円/1,000円

こうしてみると、ネーミングもよく練られていますね。店長さんのセンスを感じます。

仁屋・比内地鶏にかける思い

比内地鶏
日本三大地鶏である
秋田県の比内地鶏のガラ
丸鶏を贅沢に使用して
弱火でじっくりと長時間
焼き比内地鶏の旨みを
最高の状態で引き出します
また鶏油は黄金色に
輝いて香りコクがあり
大変貴重な比内地鶏の
鶏油です。🐓

「私たちは〇〇を大切にしています」「私たちはお客様に〇〇を約束致します」のように、お店側の姿勢を示すのってとても大切ですね。ジョンソン&ジョンソンという会社も、「我が信条(Our Credo)」という形で「理念」を明文化しています。会社にとっての価値観とは何か、何を第一優先にするかがはっきりしていると、社員が迷わず行動しやすいのでしょうね。

お店の中を見渡してみると、カウンター席はほぼ満席でしたが、ちょうどお席が空いたタイミングで座ることができました。お店の中は活気があり、店員さんが忙しそうに立ち働いていました。お客さんの回転は早くラーメンの到着を待っている間も、次々とお客さんが入れ替わっていきます。期待に満ちた表情で来店し、皆満足そうな表情で帰っていく。そんな様子が印象に残りました。

仁屋・鶏白湯熟成みそsoba

友人は『鶏白湯熟成みそsoba』かな?ちょっと辛そうですね。


よほど美味しかったのでしょうね。あっという間に平らげていました。絶妙な辛さで、スルスルと入って来るのだそうです。

仁屋・中毒性抜群の美味しさ!伝説の皿台湾

私は何も考えずにオススメをオーダー。100円プラスで「特製」にしてもらいました。

シビれる美味しさという意味がようやく分かりました。辛いです。辛いのですが、美味しい辛さなんですね。そこにビリビリとシビれる山椒の刺激があって、飽きずに最後まで食べることができました。チャーシューに煮卵も絶品で、少なめの追いメシもちょうど良い分量でした。




「クセになる」「やみつきになる」「ハマる」という言葉の意味がよく分かりました。これなら他県からのお客様も安心して連れて行けますね。

仁屋・街の声

良かったらシェアしてくださいね!

おすすめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。