ポーセラーツとは|クラフトサロンルミエール|仙台市若林区|インストラクター資格

ポーセラーツ。転写紙にデザインされた様々な柄を、真っ白な陶器に転写し、そのまま窯に入れて熱を加えて、世界にたった一つだけのオリジナルなお皿やカップを作り上げる、そんな素敵なハンドクラフトです。仙台にポーセラーツの先生がいらっしゃると聞いて、ポーセラーツにチャレンジしてきました。

ポーセラーツとは

私は初心者ということで、手ぶらで先生のサロンに伺いました。サロンに用意してある陶器と、バラやサクラ、イチゴなどがあらかじめデザインされた転写紙を選んで、陶器に貼り付けていきます。

最初から大きい柄にチャレンジすると失敗しやすいので、小さい柄を選びます。

転写紙にデザインされた柄の周囲をハサミで切り取って、水に浸します。しばらくすると、転写紙から柄が浮き上がって来るので、ピンセットでつまみ上げて、陶器の好きな位置に置いていきます(陶器はあらかじめ脱脂という作業をしておきます)。

柄は水で濡れている間は位置を微調整できますので、水が渇いてしまう前に位置決めをします。

柄の位置が決まったら、水分をぬぐい、良く乾かしたら窯に入れて焼きつけます。

初日はここまで。焼き時間は結構長く、かなりの高温になるので、日を改めて受け取りに伺います。

ポーセラーツの資格ってある?

日本ヴォーグ社が主催する講座を所定の単位数受講し、検定をクリアすれば、ポーセラーツインストラクターの資格がもらえます。

先生はもちろん、ポーセラーツのインストラクターの資格に合格されています。先生のようにご自宅でサロンを開業されている方を「サロネーゼ」といいます。先生はポーセラーツのインストラクターで、サロネーゼなのですね。

先生のご自宅は、ご自分が作られた作品が沢山並べられ、これから作る陶器も沢山積み上げてありました。

ご自宅でポーセラーツのサロンを開業するというのは、表には見えないご苦労があるのかもしれません。

ポーセラーツとは 動画

ポーセラーツでカップとスプーンを作ってみました








柄が思ったところに載らなくて、ピンセットで動かそうとしたら、葉の先のような細い所が切れてしまいました。思い切って柄を載せ、一度載せたら動かさないことですね。柄を載せるのは一発勝負かもしれません。

仙台のポーセラーツサロン「クラフトサロン ルミエール」

公式サイト

公式ブログ

良かったらシェアしてくださいね!

おすすめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。