フルーツ飴が固まらない時の対処方法|作り方、温度の目安

フルーツ飴。イチゴやみかん、バナナなどのくだものを、透明なアメでコーティングしたものです。お祭りの時に屋台で売っていたリンゴあめがそうでしたね。

フルーツ飴の作り方

  • フルーツを一口サイズに切り、串に刺しておきます(イチゴのような小さなフルーツはよく洗い水気を切っておきます)。
  • 砂糖を鍋で煮詰めます。砂糖を加熱すると、だんだん溶け始め、ぐつぐつと煮立ち始めます。透明なまま大きめの泡が出る状態で、あめ色に変化する直前が目安です(この時の温度が140℃です)。
  • 水あめ状態になった砂糖に、串に刺したフルーツをくぐらせ、冷蔵庫で冷やします。

溶かした砂糖にフルーツをくぐらせるタイミング

水あめをお箸の先に少しだけ取り、氷水で冷やします。パリパリならベストタイミングです。柔らかさがあったり、歯にへばりつくようでしたら、もう少し火を通しましょう。

フルーツ飴が固まらない

フルーツ飴を作るのに大切なことは、砂糖を煮立てる時の温度です。目安は140℃で、透明から茶色に変わる直前で、大きめの泡がぐつぐつと出ている時です。

この温度よりも低くても、高くても、固まらないとか、ザラザラが残るなど、食感が悪くなる原因となります。

もう一つは、砂糖を溶かしているときは、かき混ぜないことです。かき混ぜたくなるのですが、グッとこらえてください。

良かったらシェアしてくださいね!

おすすめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。