視力回復には速読トレーニングがオススメ

視力低下。私も悩みに悩んで、色々試してみて、結局「レーシック」に頼りました。レーシックで近視の問題は解決しましたが、やはり身体にメスを入れるというのは怖いですね。もし若い頃の私に声をかけられるとしたら、私は若い自分に「速読を続けなさい」と言うと思います。

速読とは

速読の達人が本を読むと

速読とは、文字を読むスピードを極限まで上げる方法で、早い人は1ページを1秒、本1冊を10分とかからずに読んでしまいます。こんなに早く読むことが本当にできるのでしょうか?

高速道路の例え

高速道路を走っていると、時速100キロを最初はとても早く感じるのですが、だんだん慣れてきますよね。そして高速を降りて一般道に出ると、時速50キロであっても、とてもスローに感じます。

文字を読むスピードも同じで、普段読んでいる速さの2倍のスピードで読むと、最初は全然頭が追いつかないのですが、それがだんだん追いついてきます。そうなると、1.5倍に落としても普通に読めるようになります。

視力回復に役立つの?

人間の能力(脳力?)はそれだけすごいのですから、存分に引き出しましょうということですね。もちろん、その能力を引き出すためには正しい訓練が必要で、正しい訓練の中に視力回復トレーニングが含まれているのです。

なぜ視力が落ちるの?

スマホ時代になり近視が増えた

私達の生活の中に、スマホが欠かせない存在となりました。スマホの画面は決して大きくはありません。その画面の中に表示される文字は当然小さいですね。その小さい文字を読むために、どうしてもスマホを顔に近づけてしまいます。

この動作は無意識です。気が付いたらスマホを顔に近づけていた、気が付いたら目の前にスマホがあった、そんな感じです。

目の筋肉が衰えるから

スマホの画面に表示された文字にピントを合わせるのは、目の中にあるレンズの厚さを調整する筋肉の力です。使っていない筋肉は自然に衰えますが、近くのものを見ることに慣れていると、遠くを見る時にレンズの厚さを調整できなくなるのです。

筋肉は裏切らない

「レンズの厚さを調整する筋肉が衰えたのなら、その筋肉を鍛えればいい。」その通りです。筋肉は裏切りません。正しくトレーニングすれば、目のレンズの厚さを調整する筋肉であっても鍛えることができ、結果として視力も回復するのです。

私の速読教室体験

メガネが嫌だった

私は中学生の頃、近眼に悩んでいました。当時はあまりメガネのデザインが洗練されていなくて、かっこよく見えなかったのです。見栄えをとても気にする年代ですからなおさらですね。メガネをかけるとツルで耳は痛くなるし、眉間のところに赤い跡がつくので、メガネをかけるのがとても苦痛でした。

速読との出会い

私が高校生の頃、速読がテレビで取り上げられました。本をパラパラとめくる。それだけでもう「読んだ」というのですからとても驚きました。大学受験を控えていたということもあり、短時間で沢山のテキストを読まなくてはならなかったので、それはとても魅力的に見えました。

速読教室に行ってみた

電車で20分くらいの所に速読の教室があると聞き、私は両親にお願いして、その教室に通わせてもらうことになりました。「速読」というとちょっと胡散臭いと思ったので「視力回復トレーニング」という形で説得しました。

速読訓練の内容

訓練は全部で10回。私は真面目に通いました。ハードカバーではない、ある程度の厚さのある本を毎回パラパラとめくります。文字を追うどころか、残像で文字のあるところがかろうじて判別できるくらいのスピードです。

次にパソコンに向かいます。パソコンの画面の真ん中に四角形が現れ、それが徐々に大きくなって画面の外に消えていきます。それを目で追うと、視野が広がっていくのだそうです。

それが終わると、点が現れて、それが動いたり、画面の四隅に現れたりします。それを目で追っていきます。点の動きが結構早いので、目を酷使したような疲れがあります。

最後にパソコンに文章が次々と出てきます。最初は1行だけなのですが、だんだん2行、4行と一度に表示される行数が増えていきます。文字を一文字ずつ追っていったらとても読めないスピードで、文字のブロックを一度に読むような感じになります。

普段使っていない目の筋肉を使うので、1回の教室が終わると目がとても疲れます。なので最後は温かいタオルを目に当てて、目の周りの血行を回復させていました。

速読は視力回復に効果があった?

もうウン10年前の事なのであまり記憶が定かではないのですが、本を読むスピードはとても速くなったと思います。視力ですが、メガネが不要にはなりませんでしたが、それ以上近視は進まなかったように記憶しています。私の場合は視力回復というよりは、視力の低下を防いだと言った方が正確かもしれませんね。

視力回復にもなる速読教室のオススメはある?

当時私が通っていた速読教室の社長さん?が確か「川村先生」という方だったと記憶しています。今でも速読の第一人者として活躍されているようです。川村先生の教室でしたら間違いないかと思います。

川村先生の1か月無料お試し速読講座↓クリック↓

お子さんの近眼に悩んだら

お子さんの近眼には、超音波で目の凝りをほぐす器機「アイパワー」がオススメです。教室に通う時間がない、自宅での訓練はなかなか続かないという方にオススメです。↓クリック↓

良かったらシェアしてくださいね!

おすすめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。