視力回復の目薬|子供の近眼|医師の処方|市販のメディカルA

視力回復用の目薬。「ここ一番!」で視力が回復して欲しい時ってありますよね。免許書き換えの視力検査の時とか(笑)。私が中学生の時にこんな目薬があったらメガネが要らなかったかもしれません。そんな視力回復の目薬について調べてみました。

視力回復 目薬 処方

視力検査を受けて、視力の低下が指摘されたとき、真っ先に考えるのはお医者様から処方される目薬だとお思います。視力回復のためにお医者様から処方される目薬には、短期的に視力回復効果があるものと、長期的に視力を改善するものの2種類があるようです。

※私は医療関係者ではありませんので、正しくはかかりつけの先生のアドバイスに従ってください。

ミドリンM|サンドールM

短期的に視力回復効果がある目薬です。この目薬を使うと、目のレンズの厚さを調整する筋肉の緊張を和らげ、目のピントが合いやすくなります。効果は短期的ですので、目のレンズの厚さを調整する筋肉の緊張を一時的に和らげて、正しい視力を測定する時に使えます。近眼の進行を止める効果はあまり期待できません。

マイオピン

近視の進行を予防する効果がある目薬です。就寝前に左右の目に点眼してから寝ると、眼球の緊張がほぐれた状態で眠ることができます。6才~12歳の学童の近視を進行させない用途で使うようです。定期的な検診が必要です。

視力回復 目薬 メディカル

動画の中で扱っている目薬はこちら↓クリック↓

視力回復 目薬 子供

お子さんの近眼の進行をストップする効果があるのが、「マイオピン」という目薬です。これは医師による診断と処方が必要ですので、マイオピンを扱っている眼科医を探して、処方してもらってください。毎晩寝る前に点眼すると、夜の間に目の筋肉の緊張をほぐし、近眼の進行をさせない効果があります。

視力回復の目薬と合わせて視力回復トレーニング

視力回復の目薬と併用して、視力回復のトレーニングを行いましょう。速読の訓練で目のレンズの厚さを調整する筋肉を鍛え、毎晩筋肉のこりをほぐせば、自然と視力は回復していきます。

1か月無料お試し速読講座↓クリック↓

お子さんの視力回復には目薬プラスアイパワー

お子さんの近眼には、超音波で目の凝りをほぐす器機「アイパワー」がオススメです。教室に通う時間がない、自宅での訓練はなかなか続かないという方にオススメです。↓クリック↓

良かったらシェアしてくださいね!

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。