開運財布|2020年のお財布は何色がいい?

開運財布。持っているお財布で本当に運勢が変わるのなら、変えてみたいです。財布は実用性に加えて、色も大切なようです。2020年、あなたに幸運を運んできてくれるお財布の色は何色でしょうか?

開運財布 メンズ

「ヘビの皮見つけたら、財布にしまっておきなさい」幼い頃、田舎の祖父からそう言われたことを憶えています。ヘビが脱皮した後に残された皮。祖父の住んでいた家の周囲を散策していると、たまに見つけては「ヒエッ」と驚いたものです。

よく考えたら、人間も「脱皮」して成長するように思います。それまでの自分を脱ぎ捨てて、新しい自分に生まれ変わる。人によっては「ステージが変わる」「新たな段階に入る」と表現すると思いますが、それまでの環境、しがらみ、付き合う人を一旦脱ぎ捨てて、新らしい環境で新たな出会いを得て新たな人生が始まる。私も何度か経験してきたことですから、何となく分かります。

開運財布・2020年の色は?

風水で有名なDr.コパさんによると、2020年のラッキーカラーは「緑」「茶色」「金」「青」のようです。特にこだわりがなければ、2020年に使うお財布も、その4色から選ぶといいかもしれません。

緑は植物の色。あおあおとした若葉の色ですね。若々しさがある一方で、リラックス効果もあります。確かに新緑に包まれると、とても安心しますね。

グリーンのお財布は検索してもあまり出てきません。需要が少ないのかもしれませんね。もし見つけたら、ピンと来たら迷わず↓クリック↓

茶色

茶色やブラウンは、大地の色であり、樹木の幹の色ですね。どちらも地に足がついて、どっしりと構えるというイメージがあります。

開運とか金運というと、地に足がついていないフワフワとした人が「こうなったらいいな」程度で口にするというイメージがありますが、実は真逆で、しっかりと地に足をつけて自分の人生を一歩一歩歩む人こそが運を切り開いていくのですね。

そんな方にこそ持っていただきたいのが茶色・ブラウンのお財布がこちら↓クリック↓

金色は豊かさの象徴のような色ですね。男性の場合金色のものを身につけているだけで、一目置かれるそうです。

ちなみに「龍」の刻印があるものが縁起が良いとされていて、特に2本の角、5本の爪を持つ龍は皇帝龍と呼ばれるそうです。5つの爪で幸運をがっちりと掴んで離さないというイメージがありますね。

皇帝龍の紋様が施されたゴールドのお財布はこちらです↓クリック↓

青は地球の色、海の色、空の色ですね。照明を青色に替えると、事件や事故が減ると言われています。確かに心に落ち着きを取り戻すようなイメージがありますね。

青はお財布にはちょっと不向きなのか、金色や白と比べると数は多くありません。ですが私がダンナ様に持っていて欲しいと思うようなお財布がありましたので、よければ見てみてください↓クリック↓

2020年は新しいお財布で

そう言えば私のお財布も、なんだかボロボロになってしまいました。あまり使っていないポイントカードやコンビニのレシートでいつもパンパン。ヘビが脱皮して成長するように、古いお財布から脱皮して、新しいお財布で新年を迎えようと思います。

良かったらシェアしてくださいね!

おすすめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。